事件簿

娘がいじめられて父親が激怒して教室に乱入した二つの事件例

自分の可愛い子供がいじめられてると知ったら親としては冷静ではいられなくなってもおかしくはありません。むしろ愛情があれば自然な流れではないでしょうか。

子供から事情を聞いて主犯の名前を聞き出したら、まず通常は学校の担任に連絡するのでしょうが、ひとつひとつ話し合いだの踏まえているうちに、結局直接加害者に辿り着く事もないままうやむやにされてしまうような事もよくある話で、そうこうしているうちに怒りもクールダウンして、どれだけ被害者側が傷つき怒っているかを表明できずに終えてしまいかねないもので、やはり鉄は熱いうちに叩けではないですが、怒りに任せて教室に乗り込む親の気持ちというのは決して非難できるものではなく、少なくとも子供は親の愛情をストレートに実感するのではないでしょうか。

娘がいじめられて父親が激怒して教室に乱入した二つの事案例

こうゆうのはどこかで年に一度は起こっていても不思議ではないのですが、意外とないみたいで(事件化表面化されてないだけなのかも?)、実際に大きくニュースで取り上げられたものが2件ありました。

どちらも偶然被害者は女の子でいじめっこ側は男児で、クラスに乗り込んだのは父親です。

石川県灘町小学校高学年(2011年10月)の場合

50代の父親が授業中の教室に突然入って複数の児童へいじめの有無について直接聞いた。このうち「覚えていない」と答えた男児に怒り、担任の制止を振り切って顔面を5、6回こぶしで殴ったという。男児は鼻血が出るなど軽いけがをした。男児はいじめに直接関与していなかったという。男児の両親は津幡署に被害届を出した。

最後のオチが残念で仕方ないですが、気持ちはわかりますよね。

ただこの男児が例え直接関与した主犯ではなかったとしても、この応え方はよくないですよ。せめて「僕はよくわかりません」と言うべきでしょう。覚えてないなんてのは逮捕された容疑者が最初に言う虚偽のセリフとして定番ですので、むしろ「お前か!」と父親が勘違いしてしまうのも無理はありません。だって本当に知らなかったら「知らない」って言うでしょう。覚えてないなんてのは黒の政治家の言い逃れにしか聞こえないんですよね。

ですが鼻血が出るほど5,6発も殴る父親は完全に常軌を逸していますね。せめて平手で一発パチンであれば被害届を出される事はなかったでしょうね。

この件の反省点は教室に乗り込んだ事ではなく、主犯を特定していなかったことに尽きます。娘に主犯を指定させてからにするべきでしたね。
おそらくこの父親も最初は手を出すつもりはなく、クラス全員にいじめ防止を説きたかったのかもしれません。
娘としては恥ずかしいかもしれませんが、親の感情としては理解できる人も多いのではないでしょうか。

せめて殴った相手が主犯であればカタルシスもあったのですが非常に残念です。

中国浙江省温州市小学校(2018年9月)の場合

こちらは中国の案件ですが、10歳の一人娘が怪我をさせられたことに怒りを爆発させた36歳の父親が、小学校に押しかけ同い年の加害男児を持っていた果物ナイフで数回刺すなどして殺して逮捕されました。

顔に痣ができて「目が痛い」と泣いて帰ってきた一人娘から事情を聞いた父親は「この子をこんな目に合わせた奴を殺してやる」と逆上し、近くにあった果物ナイフを持ってすぐさま学校に向かい娘の教室に怒鳴り込んだ。
娘を殴った男子児童を見つけた男は「お前が娘を殴ったんだな。お前を殺してやる」などと叫び、男児を斬りつけようとしたが、男児は教室を飛び出してトイレに逃げ入り、個室に飛び込もうとしたが、父親がすぐに追いかけてきて男児の行方を塞ぎ、何回も男児の身体を斬りつけ刺したという。

これはちょっと凄惨すぎてさすが異国といったところでしょうか。

最初から殺意を持って凶器持参で侵入している事からさすがに擁護もできませんが、それでも子供を傷付けられた親の気持ちとはこうゆうものなのだと知らしめる上で、過激ではありますがひとつの教材になりえる事案ではないでしょうか。
これを道徳の授業で扱うべきです。

被害親はもっと感情的になっていい

取り上げた2件はどちらも感情的になりすぎた失敗例ではありますが、それでもだからといって被害親は冷静であれとまとめるつもりはありません。

むしろ子供の為に感情的になって学校に乗り込む親というのはもっと居てもいいはずです。

これぐらいしないと学校は対処しないし、加害児童も反省なんてしません。

なのでモンペアと呼ばれようが愛する我が子が傷付けられたのなら学校に出向いて「どうゆうことだ!?」と怒りを表明する事はなんらおかしなことではないはずです。

ただひとつだけ注意しなければならないのは、感情的な演出をしながらも心の中では冷静さを持つということです。

そして今後子供がより良い学校生活を再び送れるようにするという目的をしっかり定めた上でアクションを起こすべきということです。

どんな理由があっても大人が他人の子供を殴ってしまっては逮捕されてしまいます。

被害者なのに逮捕されてしまっては問題が本末転倒になってしまいます。

なので良識の範囲内で正しく怒りの感情を伝えて、解決へ導く脳内シミュレーションを描いてから実行に移しましょう。

まとめ

上手に怒りを表明せよ!

子供は親の行動力を見ている!

親は学校にどんどん乗り込め!