悩める大人へ

恋人がいれば友達は要らない!ついでに男女の友情はない!

もちろんこうゆう思考は少数派だと思うんですよ。

普通はむしろまず友達であり、なんだったら友達の方が大事だよ!って自信満々に言う私ってイイ奴~って感じかと。

リア充タイプにそうゆう人多いですね。

人それぞれなのでそれはそれでいいんですが、そうゆう人に限ってそうじゃない真逆の価値観の人間を侮蔑批判する傾向にあるんですよね。

友達より恋人!って本音を言おうものなら袋叩きに遇いそうな空気は蔓延しているので、なかなかそんな声は挙がってこないものですが、だからこそその真意を掘り下げてみたいと思います。

そもそも友達づきあいは不要

恋人がいれば友達は要らない!という考えはどちらかというと男性より女性に多いみたいなので、男性でこのような考えを持ってる人はレア中のレアということになるかもしれません。

私はそもそも友達自体が時間の無駄なので要らないという考えがあるため、このような思考になるのですが、じゃあ恋人なんてもっと時間の無駄だろと言われそうですが、恋人って複数いるわけじゃないので、一人だけだからこそ無駄じゃないのです

友達も親友ひとりであれば居た方がいいと思います。

要は複数同時に人間関係を紡いでいると自分の時間がなくなるし、しがらみが多くなるだけで良いことなんて何もないってことです。

親友と恋人を天秤にかけるとしても、親友はわがままを言わないし、恋人を優先していいよと言うものだと思うので、共有しあえるものだと思えます。

問題は親友ではない友達(仲間)です。

こいつらは一緒に遊ぶ=友情の証として絆を深めようとしてきますが、この輪の中に自分が入らずともイベントは実行されるので、たいして自分が必要とされてるわけではありません。

しかし恋人とのデートはどちらか一方がキャンセルしてしまうと成立しないので、互いの重要度はMAXです。

この観点からも、必要とされる間柄という点では友達(仲間)よりも恋人であるといえます。

彼女(彼氏)がいれば友達は要らない!?

そして恋人がいればあらゆる意見交換やお出掛けは全て恋人一人で賄えるため、友達付き合いは要らなくなります。

確かに同性の友達と語りたいことや遊びたい時もありますが、私に言わせればそれはもはや浮気であり、恋人よりも友達と会いたいと思う時点で、たいして愛されてない事が判明してしまいます。

本当に恋人の事が好きで好きであるならば、出来る限り時間を共有したいと考えるのが自然現象であり、いつも一緒だと窮屈に感じるだとか嫌いになるかもしれないと思うのであれば、それはもう充分黄信号状態だと言えます。

そして恋人と会えない時間を友人でやり過ごすというのもまた、どちらに対しても失礼なような気もするのです。

友達を利用してるように感じるからです。

異性の友人と遊ぶのが浮気と言われるのであれば、同性の友人だって時間を共有してる事に変わりはないので、それも浮気と定義できるのではないでしょうか?

私は大好きな彼女が同性の友人と楽しそうに遊んでる様子を想像すると嫉妬してしまいます。

でもたいして好きじゃない彼女であればもちろん全然なんとも思いませんが。

つまり同性の友達付き合いを許容できるという感覚は、ライトな愛情だと断定できるのです。

極端な話、重くない愛は愛ではないのです。

男女の友情なんてない!

話が少し逸れるかもしれませんが、男女の友情はあるかないか。

人それぞれの価値観と経験則で意見は当然二分するわけですが、客観的に見る限り、モテる人は「男女の友情はある!」と言う傾向にあります。

モテる人は複数の異性と仲良くなってしまうので、でも恋人枠は一人であるため、セカンドサードは友達扱いすることで関係をキープできるからです。

しかしセカンドサードに甘んじて友人関係を続けてる異性の友達側というのは、隙有ればファーストになりたいという下心を隠しているだけなので、それは本当の友情とは呼べません。

でも一方では恋愛感情に発展しえないような異性間交友に親しい友情なんて生まれるのだろうか?と考えたら、すこぶる疑問に思えます。

恋愛対象には絶対ならないけど友人としてならすごくイイ!なんて、なんだかバカにしてるみたいに思えます。

故にどちらにしても男女の友情なんて「ない」という事が理論証明できるのです。

しかし年を重ねた中高年以降であれば、その限りではないかもしれないという事は付け加えておきます。

好きな人(異性)にはガンガン話しかけて味方につけよう!もし私が学生時代に戻れたら照れずに女子にガンガン話しかけたいと思います。 当時は思春期ですし男友達との交友にシクハクで、異性とは一...
まとめ

男女の友情はない!

重くない愛は愛ではない!

恋人がいれば友達なんて要らない!