心の声を聞け

投げ銭する奴はバカ【スパチャ】

投げ銭って文化は古くは路上シンガーや大道芸人に対して道端でありましたが、それのネット版というのがスパチャなのでしょう。

スパチャをすることで配信者にお礼を言ってもらえる、名前(存在)を認識してもらえるというメリットがあるとはいえ、いやはや下品な趣味ですねぇと言わざるを得ないのです。

例えが古いですが、芸者さん遊びで芸者の胸元に千円札を挟み入れてる行為に最も等しいでしょう。

人の金の使い道に文句言うな勝手だろ

投げ銭スパチャ行為に物申すと必ずこのように反論されるものですが、そもそもこっちは物申してるだけで別に文句は言ってないんですよ。

あなたがいくら投げ銭して破産しようがどうぞご自由にと思いますから。

なのでどうせ反論するなら「人の金の使い方にいちいち他人のお前がモノ申すな!」と言ってください。

じゃあこれに対してこちらはどう返すかというと、「お前個人に言ってるんじゃないよ、ただ主観を独り言のように述べているだけだよ」です。

なのでスパチャやってる人にやめた方がいいよと警鐘を鳴らしてるわけではなくて、ただ献金している信者みたいで頭おかしいんじゃね?と遠目に思ってるだけです。

こいつら間違いなく壺を買う人達と同種族です。

気持ち悪ぅ~い。

他にも無駄遣い行為いっぱいあるやろ

そうかもしれませんが、無駄遣いとは自身の快楽の対価だと思うので必ずしも無駄とも言い切れませんし、数年後には無駄だったと自分で気付くのでしょうが、その瞬間はそうしたいからそうするわけで、それこそ個人の自由でしょう。

ただスパチャ行為は自分が気持ち良くなる以上に相手が悦ぶ形になっているのがなんだかなぁと思うわけです。

自分の私腹を肥やすよりも相手の至福を望むなんてなんと清らかで献身的な行為でしょうか!

与えることが一番気持ちいいと気付いてる点はとても高尚な感覚と言えます。

ただ自分の身内家族がこれをやっていたら「今すぐやめろ」と言いたくもなりますよね。

地下アイドルの物販も同じ構図

まさしく地下アイドルなんかがこれと同じ構図で物販販売してますよね。

写真撮っていくら、名前呼んでもらっていくらとか。

悲しくなんないのかな?と心配になります。

だって向こうのステージ側の人はお金をくれるファンの事なんか都合の良い奴隷にしか見えてませんよ?

内心バカにしてるぐらいのものでしょう。

それに対して貢いで応援して‥ってちょっと異常というか、冷静に自分の人生を考えろよと親心として諭したくもなります。

ちょっと前のAKBの握手券とか総選挙とかも同じでして、プライドを捨てたザコファン達があまりに哀れで泣けてきちゃいます。

その対象のアイドルが翌年にはイケメン実業家と結婚したりしたら、そいつらはどういった心境に陥るのでしょうか?

また次の偶像を探すのでしょうか、目を醒ますのでしょうか。

他人を崇拝するより自分の価値を高めよ

結局説教にはなってしまうのですが、他人を崇拝したって自分は成長しないのですから、そんなことしてる暇があったら自分自身を高める何かをしろよということです。

何も出来ることが見い出せないから、数歩先を行くキラキラした成功者(夢追い人)を崇めてしまうものなのかもしれませんが、他人にいくら投資してもなんの見返りもありませんよ?

そう、投げ銭スパチャ行為って資金を投げる投資なわけですよ。

ホストやキャバクラで指名してボトル入れるのと同義でしょう。

それ究極の無駄遣いですよ!!

その金を自分に投資すれば、人生も上り坂になるというのに。

他人に「好き」という気持ちの表現手段としてお金を差し出すというのは歪んでます。

あなたに対して「好きだからお金あげる」って言われたら戸惑いませんか?

そのくれた相手に対して親密な関係を育みたいと思いますか?いいように利用しようと思うだけでしょ?

あなたのしている投げ銭スパチャ行為というのは、それ以上それ以下でもないのです。

スパチャ目的配信者をこれ以上増やすな

バカ信者を利用して金を巻き上げてる悪い奴等が大嫌いなので、そいつらがこれ以上悪どい商売ができないように、まずは客(カモ)である投げ銭スパチャする人間が減ってほしいのです。

アジア諸国でも若い女性が投げ銭目当てにスマホ片手に配信しまくってる現状は異常です。

投げ銭スパチャしてる人達をまっとうにしたいとか救いたいとか思ってるわけではなくて、その対象者である配信者やスターを喰えなくしてやりたいだけです。

歪んでるのは俺の方か、腐った世相か、どっちもか。

まとめ

下品な遊び方をするな!

お金は自分の為に使え!

悪徳商売人を肥やすな!

ABOUT ME
シェスタァ
カーネギーメロン大学を志し、芥川賞を狙うも挫折してからは人生に絶望して、部屋の片隅でひざを抱えて過ごす今に至る。 HSPでマイノリティ思考でうだつは上がらない。 シングルファーザーなのに無職という珍しい肩書きを持つ。 座右の銘は人生暇つぶし。