いじめ事件簿

木村花自殺とSNS誹謗中傷の因果関係とテラスハウス番組の罪

女子プロレスラーの木村花(22)が自殺して亡くなった。

彼女はフジテレビの「テラスハウス」という恋愛リアリティショー番組に出演中で、画面越しの彼女の振舞いや言動に不快感を覚えた視聴者たちからSNSで直接誹謗中傷を受けていた事による精神的ダメージにより、自殺を謀ったのではないかとされている。

SNS誹謗中傷と番組の因果関係

SNSで匿名の見知らぬ他人から罵詈雑言叩かれるというのは確かにメンタルを病むものだろう。

韓国でもそのような状況で若い芸能人が自殺するニュースは後を絶たない。

日本では演者が自殺してしまうまでの結末は珍しいが、全然不思議ではなく、昨今のSNSの影響力を考えれば充分想定しなければならない予兆は窺い知れたはずだ。

そもそも視聴者が演者を誹謗中傷するのは百歩譲って匿名掲示板であればギリセーフであると個人的には思う。

しかし演者本人に直接言葉の刃を向けるのは法的な観点からも罪に問える行為だろう。

本人も匿名掲示板であれば見なければいいだけだが、自身のSNSに直接送られた言葉はブロックするにしても一旦は目に入ってしまうものだから、確実にダメージを負ってしまう。

しかし番組でヒール役を請け負えばそのようなリアクションがくることも想定できてはいたはずだ。

彼女は若いので想定していなかったのかもしれないが、製作スタッフや周囲の大人が助言して守ってあげなければならないのに、彼女はそれを全部一人で抱え込んでしまった。

悪いのは直接誹謗中傷した匿名の視聴者であるが、同じくらいに番組に関わるスタッフや制作に落ち度はあるといえる。

テレビの報道は芸能人などに対するSNSの誹謗中傷行為に論点を置いているが、テレビ番組の下劣な演出と脇の甘い方針にこそ問題は大いにあったはずだ。

テレビ番組は演出ありきのヤラセを楽しむ媒体

そもそも大人はこういった番組は見ないが、見る場合は半分やらせである事を理解しながら楽しむので、演者を嫌う事はあっても直接ディスろうなどとは思わない。

大昔の昭和時代のドラマで悪役を演じる女優が視聴者から剃刀を送られたり実生活においても嫌味を言われたりしたという話は後日談として聞こえてきたが、それは当時の日本はまだ発展途上国なので創られたテレビを本気で視聴して感情移入してしまうという未熟な視聴者の稚拙さが、振り返れば笑えるものであるが、それでも当時のヒール役の役者は少なからず実生活に支障をきたしたのだから、相応の見返り(ギャラ)がなければやってられないものだろう。

だが令和現代でも十代の視聴者層であると、まだまだこういった番組をやらせ抜きのドキュメントとして見てしまうのか、ツールが発達してるが為に直接演者に対して感情剥き出しのヘイトを吐いてカタルシスを得ようとするのだから、発信する番組側には演者を守る義務があるはずだ。

演者もテレビ側もリアリティショーの体面上「これは演出なんですよ^^」とは口が裂けても言えないので、難しい側面がある。

しかし彼女が命よりも大事なコスチュームを同居男が間違えて洗濯機にかけてしまいコスチュームを縮ませてしまったというエピソードは、どう考えても脚本ありきの演出であり、これ絶対面白い!と内輪ウケしながら書いた話であるはずだ。

役者でもないプロレスラーの彼女の演技が迫真に迫っていたため、視聴者の大半はまんまとリアリティショーに魅せられてネガティブな感情を揺さぶられたわけだが、まるでピエロでありながら罵詈雑言を投げられては死にたくなるのも頷ける

もしこれがリアリティショーではなく、正直に正確に「半分用意されたシナリオに沿って演者がアドリブを交えながら話しを進行させています」と注釈が成されていれば、彼女への誹謗中傷は抑えられただろう。エンタメ番組としてはシラケるけどね。

芸能人と一般人のSNSバトル

最近は芸能人がSNSで徒党を組んで政治批判をして、それに対して一般人が絡んでバトルの様相を呈したりしましたが、一般人側の私からするとやはり芸能人側の被害者意識はちょっと違うだろと反論したくなります。

まずテレビを使ってSNSでは大量のフォロワーをバックに従えた上で意見を発する芸能人というのは巨大な拡声器を使用してる時点でフェアでないし、発言に気を遣わなければ炎上必至である事は自覚すべきだし、どうせならいちいち傷ついたりせずに強者らしく振舞った方がよっぽど互いに気持ちが良いと思う。

有名税という言葉を芸能人は嫌うが、旨味だけ摂取してデメリットを被るのは勘弁というスタンスでは筋が通らない。

一方一般人は何を言ってもいいのかという問題だが、基本たいした拡声器を持たない一般人の言葉には影響力は極めて少ない為、対象の人物に直接ヘイトを向けて発信しない限りはアリだと思う。

例えば政治的発言も、一般人でも実生活で地域や会社では発言を控えるのと同じで、芸能人であれば公の場で政治的発言することは自身にリスクがある事くらいは理解しておくべきだし、実際に分別の付いている賢い人は発言を控えている

論点はここであるのに、何故か芸能人側は一般人のSNSでの発言を規制しようと、無意識に上流階級様に対等な口をきくな!慎め!と言ってるように感じ取れるため、水掛け論が横行してしまう。

テレビは番組制作側でなく視聴者に責任転嫁するし、芸能人も賛同は受け入れるけど批判はするなという考えだし、本当に芸能界は終わってます。

昔の体質でいつまでも視聴者を騙し続けられると思ってる驕り臭がすさまじいです。

コロナ禍において芸能エンタメは不要であると立証されました。

上から目線で一般人を素人と呼んでいい時代はとっくに終わっている事を芸能人は知るべきなのです。

そしてここぞとばかりに芸能人が大量にyoutubeに参入してきてますが、アマチュアオリンピック競技にプロが乱入してるようなもので、テレビを主戦場とする芸能人は個人アカウントでのネット配信は反則に感じます。

一昨年前の副業OK法のせいなのでしょうか。

ブログ市場もSNS市場もyoutube市場も全部芸能人があらしまくってる印象です。

もはや存在悪ですね。

SNSいじめ対策/LINEツイッターで誹謗中傷されたら埼玉川口中学連続いじめ事件概要 埼玉県川口市立の中学校でネットへの誹謗中傷書き込みによるいじめに遭い、不登校になった元男子生徒(現16...
まとめ

ヤラセハウスを視るのはバカだけ

芸能人はSNSを控えるべき!

テレビは百害あって一利なし!