いじめられたら

好きな人(異性)にはガンガン話しかけて味方につけよう!

もし私が学生時代に戻れたら照れずに女子にガンガン話しかけたいと思います。

当時は思春期ですし男友達との交友にシクハクで、異性とは一度も話すことなく一日が終わる事も珍しくありませんでしたが、本当は常に好きな子と話がしたかったし、せっかく隣りの席になる事があっても想いを悟られないように必死で、固く前を向いてるだけでした。

とても後悔しています。

冷やかされる事なんて気にするな

異性と話をしている所を同性に見られたら後で冷やかされると思って頑なに話さないようにしていませんか?

だとしたらそれは非常にもったいないです!

異性と自然体で話をする事が一番の陽キャへの近道なのですから!

同性の友達作りが思うようにいかなければ異性の友達を作ればいいだけです。

そして異性とワイキャキャしてるとその輪に入りたい奴等も寄ってきます。

そしたら自然と仲良しグループの出来上がりです。

明るく楽しい学校生活を毎日送る事ができるようになるのです!

少し妬む者も存在するでしょうが、そんなの気にする必要ありません。

調子のんなと突っかかってくる者が居たとしても、女子(男子)が守ってくれます。

いじめの最大予防策は異性を味方につける事なのです!

好きじゃない異性とも仲良くなろう

基本的には好きでもない異性とは話をしたいとも思わないですよね?

ですが、好きな子と自然体で話す練習になるので、好きじゃない子にも話しかけましょう!

そうする事で好きな相手に対しても物怖じせずに話しが出来るようになれます。

特に女子は女子の間での噂や評判に同調する生き物なので、「あいつ結構面白いよ」と好きでもない異性から評価を受ける事で、それが好きな子の耳にも伝わって結果印象アップにも繋がります。

最初は遠目からつまらなそうにこちらを見ていた男子なんかもいつしか君から女子受けの恩恵を分けてもらおうとヘラヘラと擦り寄って来たりします。

それは相手からの降伏を意味するので、広い心で受け入れて仲間に入れてあげましょう。

もうこの時点で気が付けば君はいじめとは無縁の学校生活を送れてる事でしょう。

そして気付かないうちに好きな相手とも自然と仲良くなれてるかもしれません。

ですがあえて告白とかはしない方がいいかもしれません。(断られたら恥ずい)

目的は恋人を作ることではなく、異性間交流を広く持つという意識なのですから。

特定の彼女を作るのは高校生までおあずけです。(それこそ調子のんな)

中学時代は「女子と気軽に話ができる俺」というキャラを貫きましょう。

モテる秘訣

話しかけても「キモイ」とか言われて嫌な顔されたらどうしようとか思うとなかなか異性に話しかける事ができなくなりますよね。

ですが考えてみてください。

君がもしデブの女子に話しかけられたとしても別にそんなに嫌じゃないですよね?

つまり話しかけられて嫌だと思う人なんてほとんどいないんです!

「キモイ」とか言う子は実は照れてるだけなんですよ!

だからナンパな漫画キャラを見習って懲りずにガンガン話しかけましょう!

そのうち「キモイ」と言ってた女子も必ず笑ってくれるようになります!

そのうち今日も君が話しかけてこないかなと期待するようになってます。

気付かないうちに君に好意を抱いてる女子が複数存在するようになります。

ただ無差別に女子に軽く話しかけるだけで君はモテ男子になってるのです!

実はそれほど外見は関係ないのです。

女子は明るい男子が好きなのです。話しかけてくる男子を好きになるのです!

女子の場合

私が男なのでどうしても男子目線の話になってしまいますが、女子も基本同じです。

自分の容姿に自信がないと自分から話しかけるなんてなかなかできませんが、あえて殻を破って勇気を出してまずは優しそうな男子に話しかけてみてください。

考えてもみてください。

容姿に自信がないからと言って下を向いて顔を前髪で隠してモジモジしてる陰キャ女子と、ブスなのに元気で明るい女子だったら人気者になれるのは間違いなく後者です。

でもそれは性格なので無理に明るく振るまえと言ってるのではなく、小さな声でもいいから自分から相手に話しかけていけということです。質問とかでもいいんです。

隣りの男子に「宿題ちゃんとやってきた?」でもいいんです。

当時の私だったらそんなふうに話しかけられただけで好きになっちゃうかもしれません。

同性の交友関係に疲れたら思い切って異性と話をしてみましょう。

「話しかけてくんなブス!」とか言わなそうな男子を選別する事が重要です。

相手は照れてるだけとはいえそんな言葉を浴びせられたら傷つきますからね。

まとめ

女子は男同士でワイワイしてる男子を見るのが大好きな生き物です。

なので複数の友人に囲まれて楽しそうにしてる姿を見せつけるのが一番ですが、それが難しいのであれば最初は警戒されるかもしれませんが、とにかく無駄に話しかけましょう。

男子は少し控えめで声の小さい守ってあげたくなるような女子が大好きです。

なので女子は男子にお願い的な頼みごとなどをしてみるのがよさそうです。

男女ともに一にも二にもコミュニケーション!それしかないです!