子を持つ親へ

何かしてほしいから産んだわけじゃない何かしてあげたくて産んだ

「何かしてほしいから産んだわけじゃないんだよ?何かしてあげたいから産んだの」

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の第29話「親子」のエピソードの中で主人公の母親が旅立つ息子に送った愛情にまみれた言葉である。

この気持ちを、子供を持った親は一生忘れてはならないと思う。

その子供が成人して大人になった後も。

子供を産む理由

子供を産む理由は様々ですが、一番多いのは「デキたから産んだ」ではないでしょうか。

つまり人が生を授かるという神秘は、偶然の賜物であるという事実の前に、ロマンも哲学も性交渉という既成事実により証明されてしまうのです。

たいした理由じゃない。宿ったから産んだだけ。

でもそれでもいいじゃないか。

動物も魚類も爬虫類もみんなそうして命を繋いでるのだから。

親になることで存在価値がほしいだけだから気にすんな

なぜ人は面倒くさくて負担のが圧倒的に大きいのに、それでも子供をつくるのか。

それは一人前の大人としての称号が欲しいからに他ならない。

責任を背負った一人前の大人であると認められる為には子供は必携なのである。

つまり親のエゴです。

だから子供側は「産み育ててくれて有難う」なんて親に感謝する必要はないのです。

たくさん足引っ張って親の人生を邪魔してやるくらいで丁度良いのです。

親の勝手でこんな世界に産み落とされたのですからね。

子供が親に感謝する必要は1ミリもなし【親になって解った】子供はいつか大人になった時に自分を育てくれた両親に対して感謝するものだというのが一般的な定説です。 そりゃ明らかに金持ちで甘々で何...

親は子供に期待してはいけない

自分の叶えられなかった夢を子供に託す親はクソ

泣いてる子供にスパルタ特訓でプロに育成しようとやっきになってる親がたまにいますけど、成功したらいいですが、失敗したらその溝はものすごく大きく深い影を落とすことになり、それはとりかえしがつかないのでやめた方がいいです。

プロで成功するスペシャリストは一握りですが、大抵みんな親がレールを敷いていて、厳しく仕立て上げられたというのがほとんどです。

成功すればそれも美談ですが、当然ですが失敗の方が多いわけです。

子供は自分の意志でそれをやりたいわけでもないので、当然ひとりよがりな押し付け親に対して不信感が芽生えます。

期待に応えられないと勝手に失望されてなんだか見捨てられた気持ちになり、やがてグレます。

親が子供に夢を託すというのはものすごく罪深い行いといえます。

子供が自らの意志で親の背中を追うというのであれば別ですが。

子供に老後の世話を期待する親はクソ

自分の子供に将来介護の世話になるのを当然の未来予想図として描いてる親がいるとすれば、そいつはとんでもないクソバカヤロウです。

子供には子供の人生があります。

人生終わりかけの老人の世話にかまけて働き盛りの子供の時間を奪ってはいけません。

子供が自立すれば親は子供に迷惑をかけない晩年の暮らしを思索すべきです。

子供はいくらでも親に迷惑かけていいのですが、親は子供に負担を強いてはいけないのです。

だって、老後の世話をしてほしくて産み育てたわけではないのだから。

もしもその為に産み育てたという人がいるのなら、子供はご愁傷様ですけども。

子供は生きてるだけで親孝行

親よりも先に死ぬのは親不孝

事故や病気じゃ仕方ないとはいえ、それでも親不孝に違いはありません。

ましてやどんな理由であれ自殺なんて一番の親不孝でしょう。

親に心配かけたくなかったからといって相談もせずに黙って自殺?

は?バカなの?

親は子供に迷惑かけられる覚悟はもう随分前からできてんだよ!

頼られずに黙って死なれる事の方が百万倍ツライしそれ以上の迷惑ったらないよ。

信頼関係を築けなくて子供の苦悩にも気付けない親も悪いんだけどさ。

それでも親からもらった命を親に断りもなしに投げ捨てるのは、少なくとも親の保護の下で暮らす未成年にはその権利はないわけで、十代の自殺は他殺よりも親不孝な案件だ。

つまり親を憎んでるのであれば自殺は最大の復讐になるといえるが、そうでなければ自殺は一番親を悲しませる行為である。

悪い事して鑑別所に入る方が百倍マシなのである。

これだけは苦悩する十代に、しつこい程大人として伝えていきたいですね。

いじめられたらまずチクる!対処対策方法反撃の手順と認識まず初期段階での間違った対応をいくつか重ね続ける事でいじめがエスカレートして、自らの出口を塞いでいく事になるので、君の持ついじめの認識を...

子供は親に恩返しする必要はない

一説では幼子の頃の愛らしさで一生分の親孝行はすでに済ませていると言います。

つまり物心ついた頃にはもう親孝行はし終わっているのです。

だから将来親に何かをしてあげたりする必要はないのです。

孫の顔を見せなきゃとか思わなくていいのです。

ぶっちゃけ大概の親は孫よりも中年になった実の子供の方が可愛いのですから。

せいぜい親の死後にお葬式とお墓参りくらいはちゃんとしてあげればそれで充分です。

手を取って看取ってあげる事ですね。

それだけで、親は子供を産み育ててよかったと思ってあの世に逝けるというものです。

つまり最初と最後だけ全うすればあとは自由で、それ以上の謝恩を表明しなくてもいいのです。

まとめ

親子の間で互いを縛りあってはいけない

子供は親より先に死ななきゃいい

親は子供に期待せず見守るだけでいい