苦学生へ

学校に行きたくないなら行かなきゃいいじゃん

え?まだ学校なんて所に行ってるの?

死にたくなる程ツライなら行かなきゃいいだけじゃん。バカなの?

学校に行きたくないなら行かなくていい

行かなきゃいけないって誰が決めた?国の命令?それならその書面どこ?

誰もそこまでして君に学校に行けなんて強制しないよ?

するとしたらごく身近で味方面した親と担任でしょうか?

そんなの無視無視!布団から出なきゃいいだけだよ。

30分もしないで相手は諦めるよ。その程度の強制力なんだよ。

だから君が行きたくないと思うなら行かなきゃいいだけなんだよ。

勉強が遅れる事を心配するんなら参考書買って自分で勉強しなよ。

勉強さえやってればそのうち親も「それならまぁいっか」ってなるよ。

勉強する気力も削がれてるなら心療内科に行って診断書貰えば安心できるよ。

君は怠けてるのでなくて鬱だから静養が必要だって専門医に診断されれば、もう大人は何も言わないよ。

善意を装ったうざいクラスメートが先生に頼まれて誘いに来るかもしれない。

でも君は病気を患ってしまっているのだから無理して応対もしなくていいんだ。

登校拒否をして自分自身を取り戻せ

学校に行かないと一日が長くゆっくりと過ぎていく。

時計の針の音が結構な大きさだった事にも気付く。

自分の近い将来がとても不安になる。

このまま部屋から出られずに老いて死んでいくんじゃないかと考えてしまう。

けど大丈夫。

人生は君が思うよりずっと長く、転換期は必ず訪れるから。

それよりも今君が流れに逆らって抵抗を示した事が重要なんだ。

これは自身の成長であり、意志を持った人権の主張であり証明だ。

何も考えずに登校してる奴等より君は一足先に大人になろうとしている。

ただ思考停止して登校を続けるよりも何百倍も価値のある試みだ。

学校に行かない事で見えてくるもの、わかりはじめるものがある。

知らなかった自分にも出会える。

君の人生はまだ始まってもいないという事実

十代で死にたいとか言ってる奴等って本当になんにも全くわかっていないんだ。

人生は成人してから始まるんですよ?未成年は序章にすぎないのですよ?

小学校に入る前の未就学児みたいなもんですよ、大人から見た学生なんて。

未就学児の子供が「もう死にたい」とか呟いたら学生の君はどう思う?

まだ何も知らないくせに世の中の全てを解ったような嘆きを口にすんな!って説教したくもなるよね?

大人は君たちが心底羨ましい。

そりゃ学生だって大変だろうし、戻りたいとまでは思わないけれど、でもその若さは無限大の可能性だから。

ちょっと努力すればいくらでも伸びる貴重な時期なんだ。

でも渦中にいる君等はただ生きる事が苦しくてそれどころじゃなかったりもする。

生きるなんて表現はオーバーだ。学校で同級生と摩耗するのがしんどいだけだろ?

だったらとりあえずひと休みでもふた休みでもすればいい。

休むのにも飽きた時に重い腰を上げればいい。時間はまだたっぷりあるのだから。

死ぬのなんて70年後に先延ばして2~3年何もしないで寝てたって取り戻せるさ。

君の人生はまだ始まってもいないのだから。

まとめ

学校なんて好きなだけ休め!

人生なんてこの先どうとでもなる!

生きるとか死ぬとか戦地に行ってから言え!