子を持つ親へ

学校に行きたくないと訴える子供に親はどう対応するべきか

まず親は頭ごなしに子供に対して学校へ行きなさいと言うのはやめるべきだ。

「行きたくない」は重要なサインなのだから話を聞くチャンスじゃないか。

なのに子供の気持ちに寄り添おうともせずに二言目には「学校を休むことは許さない」では話にならないし、子供はますます心を閉ざす事になるだろう。

学校に行きたくないと訴える子供に対し親ができること

不登校を容認する

まず「どうして?」と腰を下ろしてゆっくり話しを聞く体制をとりましょう。

そこで子供が具体的に打ち明けてくれば、とりあえず休ませて、次に保護者としてできる事を夫婦で考えましょう。

曖昧な理由でハッキリとした事を言わない場合は無理に尋問せずに、こちらも同様にいったん休ませて様子を見ましょう。

この場合学校には正直に子供が行きたくないと言ってるから休ませますと言って構わないですし、子供に対しても理由をしっかり言わないのならそのように担任に連絡するからねと言いましょう。

もしかしたら打ち明けてくれるかもしれません。

その時は親身になって話を聞いて、親は味方であるという事を子供に告げておきましょう

勉強の遅れや進学や未来に不安を抱えない

親は子供が登校拒否になってしまうと途端に未来に対して絶望的な気持ちになったりしますが、そのリアクションこそが子供を追い詰める要因であるといえます。

大人なんだから余裕をもって寛大な気持ちで受け止めてあげましょう。

不登校ぐらいで人生は詰まないと、その先は長く可能性の連続であると説きましょう。

勉強なんて家でやればいいのです。現在はネットで大概の事は学べます。

学校に行く意味なんて実はそれほどないのです。

不登校=ドロップアウトという短絡的な失望に陥ることのないように。

むしろ弧と向き合うのは思春期に物を深く考える絶好のチャンスです。

集団の中で空気の読み方を覚えるよりも独りで本でも読んでる方がよっぽど有意義です。

しっかり自習さえできるなら休んでも良いと交換条件を設けましょう。

フリースクールや転校の手立てを迅速に考えておく

親は子供が学校へ行く気になるまでただのんびり待っているだけではいけません。

このまま不登校が継続した場合を予測して次の一手を思考しなければなりません。

いじめが原因であると判っているならば、いじめの改善を学校に要求するよりも、とっとと転校の手続きをしてしまった方が子供の傷は浅く済みます。

子供が繊細で集団生活に馴染めない気質であると判ったならば、通えるフリースクールを調べて検討するのもよいでしょう。

子供が頑張って登校する姿というのは痛々しいので、どこまで耐えられるのかギリギリの所までストレスを与えてしまうというのもリスキーなので、励ましたり急かしたり背中を押してはいけません

特に中学生の場合だと慎重に扱わないと成長に悪影響も出てきてしまいかねません。

保護者としてできることを為し、あらゆる方角に生きる道標があるという事を子供に対して教えてあげましょう。

まとめ

登校拒否にあわてるな!

子供にとって家が安息の地であれ!

我慢よりも方向転換に導いてあげよう!