いじめ事件簿

大阪消防士暴行傷害殺人未遂/大人のいじめもなくならない

後輩の消防士をロープで逆さづりにするなどした3人の消防士が懲戒免職されました。

事件は今年の5月に大阪府茨木市の消防本部白川分署内で起きました。

血圧測定器のベルトを巻き付けられた20代の男性消防士は、死の恐怖を訴えやめるよう嘆願しましたが、徐々に声が出せなくなり後遺症として顔面や眼球に内出血が残りました。

大阪消防士いじめ暴行傷害殺人未遂事件

世の為人の為というお仕事に就いてる人間がこうゆう事するなんて信じがたいと人は言いますが、私から言わせれば警察・自衛隊・消防士は悪の巣窟だと認識しているので驚きは特にありません。

野球部員のいじめとかもよくありますけど、基本的に体育会系の先輩絶対主義の世界において、後輩=奴隷なのでパワハラし放題ですし、暴行傷害どころかいじめの認識すら持ち合わせていないのでしょう。ひどいもんです。

でも被害者も一応こうゆう世界に入ったということはそれなりに理不尽な上下関係に耐性のある人間かとは思うのですが、それ故に拒めずにやられっぱなしになってしまうのでしょうか。

先月の教師間いじめもそうでしたけど、こちらも40代上司と30代実行犯による20代の若手に対する虐待ということで、類似点は多いのですが、消防士だけに内容が更にエグイですね。

とにかくこれはいじめの範疇を越えてるし(ニュースになる全てのいじめはその範疇をもれなく越えてはいますけど)、完全に殺人未遂案件として捜査するべきですよね。

大阪、兵庫は幼稚な大人が多い印象を受けると言われても仕方ありませんね。

これ十代のアルバイトじゃなくてちゃんと資格を持ったアラフォーの大人ですよ?!

これでますます消防士はDQNというレッテルが決定づけられてしまいましたね。

消防士による事件簿

今年の9月、高齢女性にキャッシュカード詐欺未遂の疑いで名古屋の消防士(21)を逮捕。

今年の8月、同居中の交際相手の娘(1)に暴行を加えて傷害罪で大阪の元消防士(28)を逮捕。

今年の7月、女性に薬を飲ませて性的暴行に及んだ宮城仙台の現役消防士(37)を逮捕。

14年11月には後輩の女性消防士に賞味期限切れの温泉卵を無理やり口に押し込んだり、首を絞めるプロレス技を掛けて気絶寸前に追い込んだり、顔に粘着テープや包帯を巻き付けた状態で写真を撮影したりしたとして、東京赤羽署の男性消防副士長(57)を停職6カ月の懲戒処分にした。(処分激あまっ!)後に20代の若手消防士計8名に対してそれぞれ多数のパワハラを行っていた事実も軒並み発覚する(処分は上に同じ)。

確か20年前の桶川ストーカー事件の加害者の兄(主犯)も消防士でしたね。

通過儀礼という負のスパイラル

きっとこのような後輩虐待をする上司というのは、自分が若手だった時に同じような目に遭わされていて、自分が上の立場になったらやる側に回れると思って頑張って耐えて、サディスティックで歪な嗜好を解禁してからは、通過儀礼という口実をもとに悪びれることなく人を人とも思わずに欲望を発散していたのでしょう。

体育会系上下関係社会では当然とされてるしきたりですが、これに疑問を抱かないというのは人として欠陥品であると思わざる得ません。吉本芸人とかもそうですよね。

自分がされて嫌だったことは、人にはしない。

これをまず絶対道徳として心に刻めない者は犯罪者予備軍といえるでしょう。

先輩は後輩に何をやってもいいなんていったい何処の誰が決めたのでしょうか。

その後輩の背後にも家族や友人が存在するっていう事が全く見えてないのでしょう。

人として終わってます。

次の火災時に消防スーツなしで救助に飛び込む刑で許してあげるというのはどうでしょうか。いや、それでも許せませんね、もはや。

まとめ

品行方正な消防士だっている!

懲戒免職じゃなくて懲役刑だろコラ!

体育会系の価値観を令和時代にヒキズルナ!