悩める大人へ

上司や先輩がムカつく!折り合わない上下関係を緩和する方法

理不尽な上司や気の合わない先輩に精神を摩耗して仕事の能率も下がる一方である社畜のみなさんこんばんみ。

どのようにしてこれらのストレス関係を緩和できるのか、探っていきたいと思います。

極力喋らない・相手にしない・顔を合わさない

近づかないに限りますよね。

接触がなければムカつく事もないのだし、居ないものとして認知空間から排除してしまえればそれに越した事はありません。

ですがまぁ大抵嫌な奴というのはこちらに存在をアピールしてきます。

相手はこちらの事を嫌いというよりも、いびりたいというパワハラ欲があるので、近づいてくるものです。

ですがこちらがあからさまに嫌な顔や避ける仕草をする事で、相手にはそれが当然伝わるものですが、その時相手がどう仕掛けてくるかで対応も変わってきますが、そこは凛としてブレない振舞いをとることが重要です。

臆せずに見下した視線で背筋を伸ばせ!

相手が例え機嫌よく話しかけてきても笑顔で応対する必要はありません!

そこで合わせてしまうからナメられてしまうのです。

そんな時こそ堅い表情で言葉数少なく棒読みで「そうですね」とでも応えておきましょう。

つまんない奴と思われてそのうち話しかけられなくなれば万々歳ですが、これは諸刃の剣なので更に相手の攻撃性に火をつける事にもなりかねません。

もし相手が「なんだその態度わ!?」とつっかかってきた時は、動じずに「なんでしょうか?」とクールキャラになりきりましょう。

「テメェなめてんのか!?」と胸ぐらをつかまれたなら、黙って相手の眼を睨みつけましょう。

これを機に相手はあなたのことをいじることはしなくなります。

あからさまに嫌味を言われる事はあるかもしれませんが、ノイズと思って無視しましょう。

パワハラだらけの先輩後輩雇用主従上下関係にみる歪な掟の不条理いじめは大人になってもなくなりません。 中学校の部活で先輩後輩のルールを我々は叩き込まれましたが、それは社会人になるとよりハッキリ...

プレゼントをする・媚び取り入る・プライドを捨てる

真逆で姑息な方法です。

こんな事をするぐらいなら退職した方がマシだと思う人は当然しなくていいです。

しかし円満に仕事を続けたい、上司や先輩とも良好な関係を築きたいと願うのであれば、自分を殺して徹底的に媚びへつらうというのもひとつの大人の処世術といえます。

相手も人間ですから完全降伏で媚びてくる相手には牙を向ける事はしません。

結局何故相手はあなたをいびるのかといえば、相手はあなたの態度に自分へのリスペクトが全くない事に苛立ってるからなんです。

おべっかのひとつもあれば相手は単純ですからあっさりあなたを攻撃対象から外すでしょう。

そう考えたら上記の徹底抗戦よりもこっちの方が社会人としては簡単且つ正攻法であるのは間違いないでしょう。

変なプライドを持ち続ける人は社畜に向いてないのでどの道ストレス過多で辞職する結果になるでしょう。

ワイロではありませんが、気の利いたプレゼントでもサラッと嫌いな上司・先輩に渡す事ができれば、知らぬ間に円滑なコミュニティを形成できてる可能性は高いです。

その為と考えたらプレゼント代金なんて安いものです。

ただあなたのプライドやアイデンティティも捨てる事になるので、長い目で見るとその代償は大きいかもしれませんが、その捨てる勇気こそ社畜に必要なスキルなのです。

まとめ

自分のキャラと立場を明確にせよ!

ベストな距離感を測って関係性を保て!

上司や先輩を殴って辞めるとスッキリするぞ!