子を持つ親へ

引きこもり自立支援施設に子供をあずけるのは親の怠慢虐待だ

子供が引きこもりになってしまったら、母親はオロオロしてしまいます。

将来に悲観して無理心中を謀ろうかと脳裏をよぎる程に追い詰められる人もいます。

何も死ぬことはないのにアホですよね。

例えずっとひきこもっていたって、罪を犯してるわけでもないのにね。

じゃあ我が子が引きこもりになったら親はどうすればいいのでしょうか。

引きこもり自立支援施設にあずける?

結論から言うとこれは絶対によくないので強制送還はやめましょう。

人権侵害に抵触します。

親の育児放棄、怠慢虐待にあたります。

ひきこもりが長期化して家庭内暴力に発展してしまい、どうしていいかわからなくなって、ようやく外部に助けを求めるというのはすでに手遅れなのです。

そうなる前にしっかり親子でコミュニケーションをとらなければいけません。

怖いとか何話せばいいかわからないとか言ってるようでは親として失格です。

子供が引きこもりになってしまったといってパニックになるのもダメです。

ずっしり構えて今後について子供と向き合ってゆっくり話をするしかないのです。

子供の進路を手伝えるのは親だけです。外部に頼るのは最終手段です。

最終手段になる前に放置せずにできる事を親はしなければいけません。

子供の心を開く事、子供の適性を見定めて将来の仕事を模索すること

一緒に考えて、サポートして、いっぱい話し合うべきです。

思春期で対話を拒まれたとしても、常に気に掛ける姿勢を続け、味方であることを伝え続ければ、必ずそのうち本音を漏らしてくれるはずですから。

だから諦めないでください。見捨てないでください。

親よりも当事者の子供の方が百倍ツライのですから。

ただ怠けてるように見えても、それは未来に羽ばたく前の休息なのです。

十代の繊細な心は先行き不安な未来に震えてるのです。

触れたら牙をむくのも弱さの表れで、ただ怯えてるだけなのです。

子供に対して親が怯えてはいけません。

自分の子なのに怖いとか失礼です。

不可解な者を見るような眼差しに子供は敏感ですから、否定されたと認識します。

こんな時こそ乳幼児の頃の育児を思い出してください。

あれから十年経過しただけで、身体は大きくなってもまだまだ子供なのです。

学校という外の世界で傷ついてしまった我が子を癒してあげてください。

共に暮らせる時間はもうそんなに長くないのです。

子供を自立させる事を見据えながら、全力でサポートするだけです。

学校に行きたくないと訴える子供に親はどう対応するべきかまず親は頭ごなしに子供に対して学校へ行きなさいと言うのはやめるべきだ。 「行きたくない」は重要なサインなのだから話を聞くチャンスじ...

元農水次官がひきこもりの息子を殺害した事件

昨年起きた当事件により、クローズアップされたのが大人の引きこもりと「8050」問題ですが、この元農水次官の父親に同情するのは間違ってると断言します。

確かに大人の引きこもりは十代の引きこもりとは似て非なるモノで重篤です。

一筋縄ではいきませんし、将来に希望も持てません。

でもそうしてしまった責任が親にはあるのです。

だからといって責任をとって抹殺(始末)するなんてとんでもないです。

それこそ30歳を過ぎた大きな子供であれば、自立支援の助けを借りるという選択もアリでしょう。

娘であればいずれ親の介護をしてもらうのを前提に見据えて同居生活を続けるのもアリですが、息子だと同居より一人暮らしをさせた方が絶対にいいです。

この事件も息子が一人暮らしを解除して家に帰ってきたことで起きてしまいました。

一人暮らしを継続させていれば事件は起きなかったのですから、とても悔やまれます。

40過ぎの社会的敗者となった男が年老いた親の小言を受けながら共同生活なんてできるはずがありません。

これこそ外部に助けを求めるべき典型例といえます。

ですがエリートであった為に家の恥を晒すわけにいかないという思考が勝ったのが悲劇を招いたといえます。

外部にヘルプせず、内々で殺処分してしまったこの元農水次官は親としては0点です。

暴力を振るわれて単純に殺意がこみあげたに過ぎない、これはただの怨恨殺人です。

まとめ

子供がひきこもっても親は寛大に見守れ!

引きこもり期は親子の時間を増やす交流のチャンス期間だ!

大人の引きこもりこそ外部に助けを求めて連携してあずけよう!